PIANO LESSON
なかなか、うまく弾けないな~と、悩んだら・・・。
必ず間違える所がある!・・・これは永遠の悩みですね。
フレーズによってはリズム変奏などで練習しても効果的です。
実は「そこの部分だけ練習」というのは
とても難しいのです。無意識に弾きやすいところを選んで
前のほうから弾き始めてしまいやすいのですが
「間違えるところの直前」から弾くことが
本当に効果的です。私はそれを「ツボ」とお伝えしています。


そこの部分がひきずらい指かもしれないですが
あえてそういう指から弾く様に心がけると
上達が速いです。

何度も最初っから通してばかり弾くと癖がついてしまいます。
ツボを知り、集中的に練習することが 時間的効率のいい練習法です。
例を挙げますとドレミファソラシドの音階を繰り返すのではなく
指くぐりのミとファを手の甲は正しく維持してその2音だけ弾くという練習です。
一番上達する方法は人に聴かせる(聴いてもらう)ことです。
またある程度仕上がった時に携帯のアプリで録音などしてご自身でも聴いてみると
客観的に「どうしたらいいか」みたいな発見があると思います!